Scratchプログラミング体験コース

Scratchプログラミング体験コース

Scratchとは

Scratch(スクラッチ)は、マサチューセッツ工科大学メディアラボのライフロングキンダーガーデングループで開発された視覚的にプログラミングを学べるように設計されたプログラム開発環境であり、無償で提供されています。Scratchを使えば、自由にインタラクティブストーリーやゲーム、アニメーションを作ることができます。さらに、できあがった作品はオンラインコミュニティで他の人と共有できます。

国の方針として、2020年から小学校のプログラミング教育が必修になることが決まっています。相模原市の小学校では移行期間として2017年10月から4年生の算数(四捨五入)の授業でScratchプログラミング教育を始めています。2018年は4年生と5年生、2019年は4年生~6年生を対象に予定されています。

コース概要

Scratch(スクラッチ)を使って、プログラミングを体験するコースです。Scratchプログラミングは、視覚的なプログラミングと言われており、予め用意されているブロックを論理的に組あわせて、作っていきます。1つ1つのブロックの意味からプログラムの作り方までゆっくり解説しながら進めていきます。初めてのお子さまでも無理なく取り組めるように、わかりやすいカード形式の問題を採用しています。12種類の問題を解くことで、プログラミングを体験していただきます。

期 間 2日間(2H×2回)
料 金 2,000円(1,000円×2回)原則2回継続とします
対象の目安 新小学4~6年生
定員 10名 申込順(保護者の見学は可)

開催場所・日時・その他の注意事項


開催場所:電話番号:住所 日にち 時間
シルバー人材センター中央事務所
電話:042-754-1177
相模原市中央区富士見4-3-1
3月24日、25日 09:30~11:30
3月24日、25日 13:30~15:30
シルバー人材センター南事務所
電話:042-745-2158
相模原市南区相模大野8-9-6
3月31日、4月1日 09:30~11:30
3月31日、4月1日 13:30~15:30
  • 各事務所に電話で申し込んでください
  • 当日の持ち物:筆記用具、受講料

教材12種(カード形式)

タイトル ステージの動画
01_ツイストを踊ろう ツイスト
02_なにかしゃべる おしゃべり
03_アニメーションしよう アニメーション
04_マウスについてくる マウスに近づく
05_滑空する グライダー
06_ぐるぐる渦巻き 渦巻き
07_色を変える 色の塗り変え
08_びっくりボタン びっくりボタン
09_ビートで動かす ダンス
10_キーで動かす 矢印キー
11_動くアニメーション 鳥が飛ぶ
12_スコアを残そう 触れる
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  

画像マップ

■ 事務局・中央事務所 地図
   TEL.042-754-1177
■ 南事務所 地図
   TEL.042-745-2158
■ 緑事務所  地図
   TEL.042-783-1313
■ 津久井連絡所  地図
   TEL.042-780-1872
■ 相模湖連絡所  地図
   TEL.042-684-3126
■ 藤野連絡所 地図
   TEL.042-686-6505

お知らせ

PAGETOP